FC2ブログ
日野市の美容室ブログです☆
美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛行機
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


那覇空港で昨年8月、中華航空のボーイング737?800型機が炎上した事故を受け、米ボーイング社は15日までに、事故機と同系列機の可動翼駆動部に使用しているボルト部分の設計変更を行った。事故後新たに製作した機体から改良品を使用。既存機については改修手順などを詰め、保有する航空会社にボルト部分の交換を指示する。
 中華航空機事故では、「スラット」と呼ばれる主翼前縁部にある可動翼を動かすアームの穴に差し込まれたボルト部分が脱落し、隣接する燃料タンクの壁を突き破ったため、燃料が漏れて出火したとみられている。
 事故機のボルト部分は、ワッシャー(座金)など3つの部品が欠落。末端にナットは取り付けられていたが、ナットの外径はアームの穴より小さく、座金がなければ脱落する可能性が高い構造になっていた。
 国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、ボルト部分の座金などの欠落について、ボ社の製造段階と中華航空の整備時のどちらに原因があるかに注目し、調査を進めている。ただ、ナットがアームの穴より大きければ、座金がなくてもボルト部分は脱落しなかったとみられている。このため、ボ社はナットの外径を大きくし、脱落防止用のピンを取り付ける設計変更を実施。ボルト部分が規定以外の方法で取り付けられても脱落しにくい構造にするよう準備を進めていた。 


飛行機は墜落する恐れがありますので
乗りませんです
わたし
小市民ですから^^;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。